日本語

logo


© 2019年4月19日

ニュースレター2019年4月

リバイブイスラエルの友の皆さま

イスラエルの有権者は、他国に比べ、世界のすう勢に比例した影響を受ける傾向にあります。登録有権者数は約6百万くらいですが、それにより選出された政府は、世界中に衝撃波を与える決定を行う可能性があります。しかし民主主義制度にあっても、最終的に指導者を立てるのは、神さまなのです: 「神は季節と時を変え、王を廃し、王を立て...」ダニエル 2:21

今皆様に、単にイスラエルが「敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ご」(第1テモテ2章2節)せるようにというためだけではなく、特に福音が届けられ、近くに居る人や遠くの人々が「救われて、真理を知るようになる」(同4節)ことを、イスラエルの新しい政権のため「願い、祈り、とりなし、感謝」(同1節)をささげて頂けるようお招きします。


チームの紹介--ビル&ホリー・ワレス

ビル&ホリーとワレス一家は、イントレータ家とは、彼らがメリーランド州フレデリックのエルシャダイ・コングリゲーションに参加し始めた1986年以来の付き合いです。初期の頃から、裏方として、リバイブイスラエルのビジョンに対し支援してきました。

コロンビア地区所轄消防署の退役消防士のビルは現在、ティックン・インターナショナルでの書籍の梱包・出荷業務の他、リバイブイスラエル書籍の販売と配給について監督しています。また、イスラエルオフィスと共に、リバイブイスラエルの年次予算の展開も支援しています。彼の管理業務スキルはチームにおける価値ある資産となっています。

ホリーはこの何年間かを通じ、種々の職責を勤めて来ました。現在の彼女の役割は、米国とイスラエルのオフィス間の連絡役です。彼女は、ミニストリーのビジョンをパートナーの皆様にお伝えし、皆様がチームに繋がっていると感じられるようお手伝いをします。彼女はアシェルのメッセージについてよく精通していて、ミニストリーの代わりに伝え、お話しする事ができ、人々を今日神さまがイスラエルでなされている事に関連付けています。

ビルとホリーは3人の成長した子供達(トロイ、トレント、ランディ)と義理の娘たち(ジェンとケリー)、そして5人の素晴らしい孫たち(写真)がいます。現在一家は米国ノースキャロライナに住んでいます。詳細は以下のビデオリンクをクリックしてください。

ホリー

https://youtu.be/z3VNJC3tSYY

ビデオはデンマーク語、オランダ語、フランス語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語の字幕があります。

ビル

https://youtu.be/fH72SSgEU7A

ビデオはデンマーク語、オランダ語、フランス語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語の字幕があります。

Bill & Holly
Wallace family

ティックンとの合同アライメント円卓会議

Tikkun神さまは、人類の歴史における最大の魂の収穫期の解放に備えて、国々の教会とイスラエルの残れる信仰のレムナントが一致することの危急性や重要性について、劇的な方法でもたらしてくださいます。

世界中のメシアニックおよび教会の上級指導者たちが、終末の時代のイスラエルと国々の共同回復に向けた神さまの御計画の満ち満ちた状態に入る事を求め、このアライメント円卓会議に集結しました。ある香港からの参加者は「このアライメントがどれくらい過激になれるかを見に来ました」と述べました。あるアラブ人指導者の他、IHOPKC からやGlobal Gathering からの参加者もこれらの重要な貢献をしてくれました。

アライメント(訳注:整えることで、揃えること、調整、連携などの意味が含まれる)は、世界のメシアの身体にカイロプラクティックを施述するようなもので、創造主の意図された手順に従った調整や回復により、身体の力と健康を回復することです。そのようなアライメントが実現する材料は今まで揃ったことがなかったのが、イスラエルが回復し、メシアニックのレムナントがいることにより、揃ったのだとアシェルは言及しました。

ティックングローバルメシアニックファミリーの一員として、リバイブイスラエルはそのイベント開催の一端を担いました。シンボル的な「円卓」は、参加者たちの平等性を表しています。英国のメジャーな教会ネットワークのリーダーがこのように言いました「ここで示されている一致のレベルは驚くほどのものです」。


エステル断食

Esther fastエステルの夫である王の前に出る前に、エステルと彼女の仲間のユダヤ人たちは3日間にわたり食べ物と水を絶ちました。それが大胆な行動であり、彼女は命を失うかもしれない恐れがあったからです。彼女の願いは簡単なもので、彼女の民、ユダヤ人が絶滅計画から助命されるようにであり、その願いは王により聞き入れられました。プリムの時期、ユダヤ人はこの勇気ある行動を覚え、アダルの月の14日に同じく断食をします。今それをするのに、もっともな理由があります。それは、今までにない程敵が近づいているのです。イランが活発にシリアにて展開しており、ヒズボラーはレバノンから150,000発ものミサイルをこちらに向け、ハマスは実際にこの何日間イスラエル中部にミサイルを攻撃しています。

私たちのプリムイベントでは、ライブストリームで50,000人に繋がり、イスラエルの安全保障とリバイバルのため、世界のリバイバルのため、世界中のメシアの身体、ユダヤ人と異邦人のうちに一致があるよう祈りました。見逃した方は、まだそのパート1パート2を視ることができます。


ゲートウェイビヨンドを訪問

Gateways Beyond 弟子訓練生5人が最近、その「イスラエル体験ツアー」の一環として、私たちの所で5日間を共に過ごしました。この学校はキュロスを拠点としていて、「拡大中のミッショナル・ コミュニティという文脈において」「神さまの臨在が溢れる」環境で、「毎年5ヶ月間の集中座学・伝道学習の時」を過ごします。学生たちは、プログラムの内で、彼らの人生において変革をもたらす性質について証言します。

学生たちは、讃美と祈りの中で、聖書の本来の文脈の中で聖書を学び、現地の人々と親交を深め、ハイキングし、助けの手を差伸べ 、私たちに参加することに魅了されています。

多くのリバイブイスラエルのスタッフが、このプログラムで弟子訓練を受けてきたので、おなじDNAを持った方々と時を共に過ごし、関係を更新できたのは喜ばしいことでした。


過越し:過去−現在-未来

Asher

過越しの祭りは、ユダヤ人の歴史と、福音のストーリーと贖いの集大成を結びつけるものであるので、過越しの祭りが、最も重要なユダヤの祭りであることを、アシェル・イントレータが語っています。こちらをご覧ください!

デンマーク語、オランダ語、フランス語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語の字幕があります。