日本語

logo


2018年6月29日

指導者間の健全な緊張

コーディ・アーチャー

meeting

あらゆるリーダーシップのチームにおいて、あるレベルの緊張状態が存在します。私たちは個々に異なった賜物、情熱、物事をこのように行うべきだと考える方法を持っています。私たちが愛と謙虚さをもって成長するように、神さまはそのように設計されたのです(エペソ4:2)。 

当然このことは、エペソ4:11の五職のミニストリーチームにおいても同じことが当てはまります。 それぞれ5つの役割を担い、一つのミニストリーを行っている人たちが集まれば、以下のような会話の抜粋となる事でしょう:

使徒:: 「月次ビジョン・計画策定会議に集まって貰いましたが、来年度に入る前に、皆さんがどの様にして、私たちに委ねられている神の聖徒たちを戦略的に備え、訓練したら良いとお考えになっているか教えて頂きたいと思います。」

伝道者: 「最初に私から行きます。私たちがコミュニティとして集まるとき、あまりにも長い時間私たちのビル内の壁に囲まれた空間で過ごしている事に気付きました。毎日多くの人々が地獄に向かって進んで行っており、私たちには彼らに福音を伝える責任があるのです。収穫の実は実っており、私たちが出て行って失われた人たちを御国に導く時が来ているのです。」

牧師:「私は、コミュニティとしては、私たちはそれに対してまだ準備が出来ていないと感じています。教会のメンバーの多くはまだカウンセリングや内的癒しが必要なのです。私たちは先ず最初にお互いに愛し合い、メンバーを弟子訓練し、健全なコミュニティに成長させる事に集中すべきです。」

教師:「正直、ウチのメンバーが、失われた人々に福音のメッセージを正しく伝える能力が十分あるほど聖書を深く理解しているかは、疑がわしいです。私たちは、私たちの信仰の基本的真理について組織的に学べるセミナーシリーズを開講する必要があります。そうする事で、私たちのメンバーは、神の御言葉に根ざし、私たちがイェシュアにあって握っている希望についての答えを効果的に与えることができるのです。」

預言者:「皆さんは、ここで最も基本的なポイントを忘れているのではないでしょうか。私たちのメンバーが、毎週の礼拝や、親密に神を求め、近づき、日常生活において神の声を聴く方法を学ばなければ、これら全ての事は無意味なのです。彼らが聖霊によって導かれず、人々に伝道する方法についての啓示を受け取っていなければ、一体どうやって効果を表すことができるのでしょうか?」

この会議のこの時点で、あなたは「こいつら、ダメだ。確かに全て重要な事ではあるけども、こんなにお互いに同意がなくては、どの様にして共に前進することができるのか?」と思われたのではないでしょうか。

私はこれこそが、神さまから与えられた恵みの使徒的賜物が機能するところだと思います。チームのリーダーとしての情熱は、皆が一致して機能している事を見ることです。彼は皆それぞれ固有な賜物を認めることで、これらの緊張状態を誘導する事が出来ます。それは彼が大きな絵を見ているため、それぞれの賜物を時に応じた方法で第一線に配置することで身体の全てを利し、成長できる様なロードマップを展開するのです。 

緊張状態を感じたとき、さらに前進するための鍵は、お互いに従順になること(エペソ5:21)であり、他人を自分自身より尊重すること(ピリピ2:3)です。この事がリーダーシップチーム内の中心的な態度であるなら、自己中心的な野望や競争心は居場所がなくなるでしょう。緊張を嫌がらないで、むしろあなたの他人に対する奉仕を謙虚に行ってください。どうぞ私たちが同じチームに仕え、同じゴール –「a perfect man/完全なおとな」(エペソ4:13)を目指している事を忘れないでください。


リバイバルの前に来るもの

Asher

このメッセージで、アシェル・イントレータはイェシュアの再臨前の大いなるリバイバルに繋がる、イスラエルで起こる3つの事について語っています。

 こちらをご覧ください!

デンマーク語、オランダ語、フランス語、韓国語、ポルトガル語の字幕があります。