日本語

logo


2018年2月23日

清さは力より優先される

アシェル・イントレータ

sunset

ヨハナン(洗礼者ヨハネ)とイェシュア(イエスさま)の誕生の逸話には、2人の人が、天使長ガブリエルによる超自然的な訪問を受けました。その内の1人はミリアム(マリア)でもう1人の人はゼカリヤ(ザカリヤ)、ヨハネの父でした。両方ともこれから起こる奇跡的な誕生について告げられ、またこの2人は同じような質問−「それはどのようにして起こるのですか?」と尋ねたのでした – ルカ 1:181:34。

表面的には彼らの答え方は同じようですが、ゼカリヤは罰を受け、ミリアムは祝福されました。何が違ったのでしょう?ゼカリヤが聞いたとき、その様な奇跡が起こる事への疑念を表現していたのであり、ミリアムは自身が彼女の夫を「知る」事なく妊娠することを聞かされたとき、彼女自身の清さについて心配していたのです。その事を実現させる神の力については疑っていません。

そこに違いがあります。ミリアムは彼女自身の清さについて心配し;ゼカリヤは神の力を疑ったのです。私たちの清さと神の力では、大きな違いです。私たちは自身の純粋さについて心配すべきですが、神さまの能力を心配する必要は無いのです。

似たような原動力が、イェシュアがサタンにより誘惑を受けた時に働いていたのです – ルカ4:1-13。サタンは、イェシュアが不純な理由で神さまの力を行使するよう誘惑したのです。イェシュアは唯、否定し続けたのです。彼が神の心の清さを汚す行為を行う事を拒否した時、彼は偉大な油注ぎの力を聖霊から受けたのです – ルカ4:14

霊的原則は至ってシンプルで:清さは力より優先されるのです。もちろん、清さ・純粋さの内に歩んで行くため、私たちには神さまの力が必要です。しかし問題は優先順位です。全て、独裁者や犯罪者、テロリストたちは一定の力を持っています。しかしその過程で道徳的純粋さを侵害しているのです。彼らの権威は正統なものでは無いのです。神さまは、ただただ、力のある方です。心の純粋な人たちを主の力で満たすため、主は探しておられます。神の力が足りなくということがありません。人の方にこそ清さが足りないのです。

神の愛は最上位にあり、その後に神聖さが続き、そして3番目に初めて力なのです。私たちの人生には、様々な試験があります。それらは力より清さを、繁栄より品位を、成功よりも忠実さを選んで行くものなのです。私たちはミリアムのようでありましょう。この不純な世の只中にあっても、私たちは純粋さ/清さを保つ事に関与していましょう。そして同時に、神さまがそのために必要な力を持っておられる事を確信していましょう。


私たちの心をエクレシアに対して拡げる

Asher Intrater

エクレシア、世界に拡がるメシアの身体は、私たちが考えるよりも遥かに大きく、遥かに豊かな、美しく複合的な概念なのです。私たちは信仰者として、エクレシアを家族として受入れ、愛すべく、私たちの心を拡げる必要があります。

こちらをご覧ください

デンマーク語、オランダ語、英語、フランス語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)の字幕があります。