日本語

logo


2018年2月2日

国会でのペンス演説

アシェル・イントレーター

Mike Pence

2018年1月22日、アメリカ副大統領のマイク・ペンス氏はイスラエル国会で演説しました。演説が始まった当初、パレスチナ人または極左の議員グループが騒々しい音を立ててそして建物の外へ連れ出されました。

ペンス氏の演説のスタイルはフォーマルでもの柔らかなものでした(トランプ大統領とは対照的です)。彼は30分間の演説の中で繰り返し聖書を引用しました。あるイスラエルのコメンテーターらは、ペンス氏は政治家というよりは福音派クリスチャンのように語ったと述べ、それは今回の演説が通常とはかなり特殊であることを表しています。

彼はまずエルサレムはイスラエルの首都であると認めた事から始め、それはアメリカがずっと支持してきたものだと述べました。彼はユダヤの人々を「聖書の民」と述べ、アメリカ合衆国はクリスチャンの「建国の父たち」の思いが反映されていると述べました。彼は、エルサレムについて、アブラハムのモリヤ山の場所であり、ダビデの王国の場所であり、さらに、信仰を基礎とする価値観が誕生した場所で、単なる「政治的なもの」を越える場所であると述べました。

彼はまた「二国間併存案」を含む和平交渉に力を注ぐと語りました。彼は、中東で新しい同盟が形成されていることを語りました。それは、エジプトとサウジアラビアがアメリカと協力してイランの脅威に対抗するというものです。アメリカがテロ支援国家であるイランと対抗する事に尽力すると述べる一方、彼はイラン人を「よき人々」と呼び、友となり得る事を述べ、彼らが圧政的な政権から自由になる日が近づいていると語った。

国会議員の反応は複雑でした。以前述べたように、少数が反抗しました。その他の議員は、ペンス氏のイスラエルに対する強い支援と肯定的な発言に驚いていました。穏健左派はその支援的発言を喜びつつ、彼の保守的な発言に慎重な姿勢を保ちました。超正統派、宗教的ユダヤ教徒らもまた彼の支援的発言を喜びつつ、熱心なイエス信者としての発言に慎重になっていました。

全体的に、彼の洗練されたスピーチには深い福音的価値観が基礎にあり、聖書の世界観からイスラエルを支持し、それらがユダヤ国会議員の前で語られたことは、この国が70周年を迎えるにあたり、今までないほどのレベルの友情と証が形成された事を表しています。


二種類の嘘

Asher Intrater

ある嘘はその内容ゆえに事実と対比してより簡単に特定することが出来ます。しかし別の種類の嘘があり、それは目立たなくより危険です。

こちらをご覧ください

デンマーク語、オランダ語、英語、ドイツ語、韓国語、ポルトガル語の字幕があります!


リバイブ・ライブ

Ron and Ariel

今週のエピソードで、ロン・カンターとアリエル・ブルーメンソールは最近ポーランドで通過したホロコーストに関する新しい法案の状況について語ります。それは議論の的となりポーランドとイスラエルの関係に問題を生じさせるものです。イスラエルでの反応と彼らの思いについて語っています!(英語のみ)

こちらをご覧ください


ポーランドへのミニストリー旅行情報

ピーター・メイ

flags

アシェルとベティと共にタル・ハロニ、私達のフランス在住の代表であるピーターとオードリー・メイはクラコフへ飛び、霊的に満たされ預言的なアグロー集会へ参加しました。

アグローとの関係はジェーン・ハンセン・ホイトとの友情関係から始まり、それは主からの非常に貴重な贈り物です。私達は世界中からの彼女らの執り成しの美しい実を見ているのです。彼女らは深く男性と女性との和解、イスラム教徒へ愛を届ける事、そしてイスラエルのメシアの御体と共に立つ事を召命と捉えています。

この時、アシェルはユダヤ人と異邦人の関係を教えました。それが異邦人のためでなければ、ユダヤ人に何の目的があるでしょうか。そして、両方が御国が天から地へもたらされる事を見ないといけないのです。終わりの時のイスラエルと異邦人への目的について、アグローの指導者からパワフルな宣言がなされました。それは礼拝時に突破口へと導くものとなりました。

オードリーはルツを呼び出す必要性を語りました。ルツと義母ナオミは互いの目的と召命のために一緒となったのです。アグローが設立50周年を迎え、すばらしいパイオニアであるナオミと共に叫び、ルツが立ち上がるように—それは次の世代に活躍の場を与え—共に歩むために。

タル・Hは、神はどのようにアッシリア、エジプト、そしてイスラエルを一緒にするのかという計画についてのイザヤ19章を語りました。神はどのようにイシュマエルを見ており、諸国への祝福をもたらすために彼をどう含めるかについて計画されています。タルの和解のための熱心な心は、諸国を代表する私達の中に一致のための祈りをもたらしました。