日本語

logo


2017年6月16日

羊を散らす?

 アシェル・イントレーター

罪の赦し、永遠のいのちそして聖霊のシェキナー臨在(訳注:「シェキナー」とはヘブライ語で「神の臨在」を表す)と共に、イエシュアを通して神から受け取る驚くべき恵みの一つは、病人を癒やし、悪魔を追い出す力と権威です。しかし悪魔を追い出す事は世俗の芸能世界ではある種の奇妙な、狡猾な、黒い儀式として描かれていますが、実際イエシュアに真に従う者たちの生活にとっては普通の事象であり、それには真の悔い改めや純粋に献身する事、そして名誉ないのちへと後に続く事が伴います。

悪魔を追い出す能力について考えるのは心躍るものですが、そこにはまた悪魔の働きに対するより広い、より集団的なレベルの霊的な闘いがあります。個人的には悪魔は罪や病気をもたらす原因ですが、より大きな悪の力は全体として信仰共同体を破壊する事を使命としています。そのようなエクレシア(訳注:信者たちの共同体の事)に対する集団的攻撃は三つのレベルに分けられます。

  1. 兄弟たちを告発する
  2. 教会を分裂させる
  3. 羊を分散させる

皮肉な事に、癒やしや悪魔を追い出すに最も熱心に行っている事は、時々悪魔によって、信仰共同体全体に対してより大きな打撃を与えるのに用いられてしまうのです。

イスラエルと教会は悪の蛇であるサタン(黙示録12章)によって攻撃される栄光に満ちた花嫁として述べられています。その攻撃の中核部分は以下のようです。

「兄弟たちを告発する」–黙示録12:10

ここで言う「兄弟たち」はもちろんイエシュアの信者です。非難は通常ゴシップや外見上誠実そうな「人を正す」に見える「文句(悪口)」という形に表れます。そして、「兄弟たち」は信者全員に当てはまりますが、悪魔からの攻撃は通常指導者に向かいます。私たちが牧師たちや他の指導者の噂話や悪口を言い合っているならば、気付かない内に私たちが悪魔的に力を受けた兄弟たちの告発者となってしまいます。

第二の攻撃はよりひどいです。指導者だけを非難するだけでなく、神の御身体を分裂させます。霊的な闘いについてイエシュアは述べられました。

「どんな国でも、内輪もめしたら荒れすたれ、家にしても、内輪で争えばつぶれます。」–ルカ11:17

時々人々は、自分たちが正しいと考え、意図的に神の御身体を分裂させようとします。「教会の分裂」によるダメージはいつも分裂を起こす原因が正しく見えるものよりもはるかにひどいです。(訳注:分かりにくいので意訳すると「自分が正しいとするグループ同士が真っ向からぶつかり合って、それで教会が分裂してしまうというもの」です。)もちろん、コングリゲーションと指導者には本質的、倫理的な規律と信頼性がありますが、(訳者加:指導者が犯した)罪によっては、時には分裂は正当化される場合があります。しかしながら、それは意見の違いによる分裂とはまったく違います。

最悪なレベルはイエシュアによって「盗人の手によるもの、破壊者、または狼」と呼ばれるものです。イエシュアは良き牧人ですが、敵はやってきて、

「狼は羊を奪い、また散らすのです。」…–ヨハネ10:12

最も熱心な信者によって広められる明かな偽りがあり、それは教会またはコングリゲーションには属する理由はないというものです。この手の嘘に多くの霊的な理由が挙げられますが、究極的に弱い信者を「地獄の門」(マタイ16:18)の前に晒してしまう事になります。そして、群れと牧者から羊を散らしてしまうのです。

病人を癒やし、悪魔を追い出すのに熱心であると共に、また、信仰共同体全体として悪魔による攻撃から守るために熱心でありましょう。


戒めの子:証

モティ・コーヘン

数週間前、私たちはバー・ミツヴァ(ユダヤ男子の成人式)の重要性について語り、そのバー・ミツヴァによって、どのようにしてある一人のイスラエル人の生活を変えられたかという証を話します、と述べました。

福音を広める最も有効な方法の一つは誰にでも公開されているイベントをコングリゲーションで開く事です。イスラエル全土において、またティフェレット・イエシュア・コングリゲーション(訳注:ユダヤ人信者の教会の一つ)において、私たちの多くは家族で唯一の信者であります。ある者は親類縁者の中に数名信者がいるかもしれません。しかし、それ以上はいません。それゆえ、私たちが最近のバー・ミツヴァのお祝いを計画するに当たり、私たちは神に祈りました。どうぞこのイベントにやって来る親類縁者の心の扉が開きますようにと。多くの場合、このようなイベントは人々に福音を伝えるまれな機会となります。彼らは以前福音を聞いた事があっても、まだコングリゲーションに来るのを拒む人々います。それゆえ、バー・ミツヴァが行われる週に、私たちは時間を取ってこれらの家族のために祈りました。

家族を伴ってやって来た少なくとも10人の未信者がバー・ミツヴァにやって来ました。二人の子どもが自分たちのバー・ミツヴァを行い、トーラーを音読し、小説教を行った後、その内の一人であるD君の両親が私のところにやって来ました。明らかに、神は私たちの祈りに答えて下さいました。D君の父は愛をそこに見いだし、コングリゲーションは彼の家族のためになると思い、自分もイエシュアの御名によって洗礼を受ける意味を知りたいと望み、そして信仰を表明するために洗礼を受ける意思を表しました。彼の妻は彼のために15年間も祈り続けて来ており、神はやっと答えて下さいました。彼女の夫が自分のいのちを主に明け渡したのです!


地の果てまで

この動画で、最近私たちがお迎えした特別なゲストについてユヴァルは語ります。

この動画を英語でご覧になるならば、こちらをクリックして下さい


シケルとシェメシュ

(訳注:ヘブライ語で「シケル」は、古代は銀を測る単位で元々「測る」という動詞から派生した言葉。現代イスラエルの通貨の単位。シェメシュは「太陽」という意味)

この短い教えで、アシェルは、毎日人々をどのように見て、交流すべきかについて考慮し生活するべきであるという不可欠な原則について語ります。

この動画を英語でご覧になるならば、こちらをクリックして下さい