日本語

logo


2017年6月9日

満足すること:ピリピ4章からの4つの勧告

ダ09ニエル・ジャスター 

ピリピ書はパウロの獄中書簡の1つで、当時パウロは囚人として自分が生きるか死ぬかも分かりませんでした。そのような状況で人は、大きな犠牲を払って開拓したとは言え、それらの教会の最重要について記述することが出来るのでしょうか。

第1章でパウロは、投獄されたことが御国にとって良いことであり、福音が獄中からも観ていても拡散している事を知るようにピリピ人を力付けようと苦心しています。第2章は、父の御座を離れ、苦しみを受け、最も堪え難い屈辱の中で死に、そして復活および昇天により、その地位を高められたメシアの手本を示しています。よって私たちも、その同じ謙虚さを示し、私たち自身の身を捧げる心を備えていることが必要です。それによりイエスさまのように、永遠の命へと引き上げられるのです。第3章では、偽教師に警戒し、私たちのゴールは主を知り、イエスさまの復活の力、そして永遠の命に至るために主が味わった患難を共感することである事を教えています。

しかし、最後の勧告には注目すべき明瞭さと力強さがあります。第4章で命じられている4つの事を行なうならば、私たちの人生は最も素晴らしい方向へと大変革します。第1に、常に喜んでいること(第4節)。この事は、 何も思い煩わないで、あなたがたの願い事を神に知っていただき、人のすべての考えにまさる神の平安に入ることによって、実現されるのです(6〜7節)。

2つ目に、私たちは自身の心を律する必要があります(8節)。それは、すべて真実で、誉れあり、正しく、清く、愛すべきで、評判が良い(徳と言われ、称賛に値する)ことに心を留めるという事です。この思いを律することが、信仰と平安と喜びにあって歩む秘訣なのです。常に心が良いもので満たされている人は、(神さまへの)信仰と(神さまが良いものを与えてくださるという)楽観性が引寄せられるような人となります。  

3つ目に、良いリーダーに従うこと。ここでパウロは自分の例を挙げています。メシアに従う人はすべて、従うべきリーダーが必要です。それらリーダーがメシアに従っているように、私たちはリーダーに従う事が必要だと、パウロは教えています。私たちが成長するためには、良いリーダーが不可欠なのです(9節)。

4つ目の最後に、満足すること(11~13節、19節)。この満足することは、メシアに信頼し、神さまの御心にある事を信じる事によって実現されるのです。たとえ裕福な人にもてなされていようが、監獄に座っていようが、私たちは凡ゆる状況にあっても満足します。そしてこのことは、投獄も経験し、この偉大な満足を証明した聖なる大いなる方、メシアを通じて(13節)、私たちは何に対してでも満足出来るのであり、事実パウロはその様な状況から、それを証明しているのです。あなたが満足し、寛大であるなら、神さまは溢れるほどに備えてくださいます(19節)。

どうか私たち全てが、常に喜び、自身の思いを律し、優れたリーダーたちの教えと手本に従い、そして最終的に全てに満足して、これら4つの領域において聖書に従順でありますように。


2017年リストア(回復)聖会のまとめ

先週末、第37回年次ティックンアメリカ・リーダーシップと週末「リストア」の各聖会が開催されました。これら聖会のテーマは、エペソ1:18~19から取り上げた「賛美、祈り、力」でした。

ティックンアメリカとその他コングリゲーション(メシアニック教会)のネットワークが一堂に会し行なわれたこれらの聖会は、色々な意味で歴史的なものとなりました。何年かぶりにティックン創立者達すべてが共にミニストリーを行なう場となり、アシェル、ダン、エイタンが、回復と従順、礼拝の高き所、 本来の使徒たちの伝道における父性精神についてのメッセージを取次ぎました。聖会には、25年来の友人で、現代の24時間祈祷活動の父であるマイク・ビックルの参加もあり、その他ポール・ウィルバー、ジャスティン・リッツォ(IHOP-KC国際祈りの家カンザスシティ)、幾つかのコングリゲーションからのチームにより参加者皆が一体となり、とてもイェシュアと親密で力強いイェシュアへの賛美を捧げることができました。これら全てのリーダーたちが感動的な、謙虚さや成長しつつある第2-3世代のリーダーたちに拡がりをもった契約のパートナーシップについての証しを伝えました。

また今回は、主要なセッションをインターネットのライブストリーミングで放映できた最初の年となりました。何百人もの我々の友人たちがライブで参加し、その他何千人もの皆さんが(現時点で)アーカイブでメッセージをご覧になっています。多くの方がいままでに参加した聖会の中で最高のものだったと報告されています。


約束の地を取る

このバルッハバーツアー2017におけるメッセージで、アシェルが私たちの国家について、イェシュアの御国のためであることを宣言することが、私たちの召命だとシェアしています。

英語でご覧になるにはこちらをクリック


シャヴオット2017

今年私たちは素晴らしい経験をしました。ここに参加者の皆さんに感謝し、来年のご参加もお待ちしています。

ご覧になるにはこちらをクリック