日本語

logo


2016年12月2日

 

しるしが伴うテルアビブでのアウトリーチの新しい波

ギル・アフリアット(ティフェレット・イエシュア牧師)

主は、テルアビブにあるティフェレット・イエシュア・コングリゲーションにおいて、心躍る動きをされています。10月に、何人かの若者たちがイスラエルのキリストの身体における霊的な目覚めを求めて40日間の断食と祈りを指導しました。それは、私たちの民の「目覚め」へと連なる事でしょう。ある主要なグループはこの断食に集中し、私たちは祈りの集会のために集り、そして主は私たちに応えて下さっています。

幾人かの若者たちはトッド・ホワイトとトーベン・ソンダーガードのメッセージに感銘を受け、ルカ10章に基づいてテルアビブの路上に出て病人のために祈り、イエシュアを語る事を始めました。彼らは癒しと開かれた心の証を持って帰って来ました。テルアビブにある私たちのコングリゲーションと他のコングリゲーションの多くが「燃え」て、それに参加しました。すでに数週間が経ち、テルアビブの路上にほぼ毎日信者の集団が出て行って福音を語り、人々のために祈り、貧しい人々に支援を差し伸べました。この活動の目的のためにWhatsApp(訳注:SNSの一種で、イスラエル版のLINEのようなもの)グループが出来、それがどんどん成長し、より多くの信者が、主がなさる事に触れています。信者の中で、今まで自分の信仰を恥ずかしいと思っている者でさえも、出ていて彼らの信仰を路上で、職場で、学校で語り始めています。

この「炎」が力強く成長するよう、どうぞお祈り下さい。神の守りがこの聖霊の働きにおいて成される事を、そして愛、謙遜と一致が私たちにあるように。それらが敵の計画を打ち砕き、神の御国が拡大するための「材料」であるからです。


戦略的なアメリカツアーについて

ダン・ジャスター

11月の私のアメリカツアーはテキサス州ダラスでの集会から始まりました。その集会は数千の教会を代表するInternational Coalition of Apostolic Leaders (ICAL)「使徒的指導者の国際同盟」,主催でした。そこでの交流は素晴らしいものでした。アッコーのケツィール・アシェルからガイ・コーヘンが私と共に参加しました。この総会でスピーチするのは、初めてでした。私のメッセージは、教会のアイデンティティは、イスラエルとイスラエルの将来(原語は「運命」)と共にあり、というもので、クリスチャン・エンバシーのユルゲン・バフラー師の素晴らしいメッセージは、イスラエルと教会はICALに対して突破口をもたらすと語りました。

私はICAL集会をひと夜離れてメシアニックジューの聖書学院のための指導者引継ぎ集会に参加しました。 20年前、私はこの重要なミニストリーの創設者の一人でした。この晩餐会で私たちは20年間の奉仕をされたウェイン・ウィルクス と新しい若い代表となったニック・レスメイスターを称えました。前テキサス州知事であったリック・ペリー氏が基調発表者で、大変適切で支援的なメッセージをして下さいました。

そして、私はデンバーへ移動し、スチュワートとミリー・リーバーマンと共に過ごしました。彼らは新しいティックーンのコングリゲーションの設立を行い、コングリゲーションに対して二度スピーチをしました。その次に、私の息子のベンと私は他のティックーンのコングリゲーション指導者と共に、ジョナサン・バーニスの「ユダヤの声」の主催によるメシアニックジューの円卓会議に参加しました。数百人が参加しました。繰り返しますが、私は、契約的な愛と信頼を持って指導者チームを建て上げる事についてスピーチをするのを光栄に思います。 ビジョン,特性、プログラム、実施そして継続的に実行する事のアイディアは信頼を築く鍵として発表しました。 

その次は、ボルチモアの北にある私たちのコングリゲーションであるロシュ・ピナに行き、そこで指導者と信者たちとの非常に重要な集会がありました。そして、メリーランド州フレドリックに三日間滞在し、そこでティックーン・アメリカ使徒的チーム集会が行われ、私たちのチームの内の9人のメンバーが来年以降の計画、戦略を練りました。私たちは今、有能な指導者が旅をし、私たちのコングリゲーションに訓練させる強力なチームがあります。それに含まれるのは私たちの組織のプログラムの見直しです。(来年の)1月に、私たちは4つの地域組織を設け、それらは西(フェニックス),中西部(ナッシュビル),北東(ニューヨーク),そして大西洋中部(メリーランド州フレドリック)です。私たちはまた5月末と6月上旬に、昨春の集会の計画を見直しをします。ゲストはIHOPからマイク・ビックルとミスティ・エドワーズ、またエイタン・シシコフ,アシェル・イントレーター,ポール・ウィルバーと私自身が参加しました。それはまるで「同窓会的」再結集の集会のようです。


火事の後

ユヴァルはエルサレム郊外のかつて美しかった自然が今やホコリと灰になってしまった場所へとお連れします。英語でご覧下さい


癌を克服する

エディ・サントロ(アハヴァット・イエシュア牧師)は前年に二度癌が宣告され、そしてそれを克服するための闘いの経験を語ります。この旅は彼の癒しの信仰を強め、今、彼がミニストリーを行う人々への癒しが多く目撃されています。英語でご覧下さい