日本語

logo


2016 年2月19日

「マラナタ」って何ていう意味?

アシェル・イントレータ

「マラナタ」という言葉 (第1コリント16:22、黙示録22:20) は、主が来られることについての信仰と祈りの叫びで、通常「主よ、来てください」と訳されますが、これは「御国が来ますように」 (マタイ6:10) や「祝福あれ...来られる方に」(マタイ23:39).  といった祈りと関連しています。

この言葉は新約のギリシャ語原文に記されてはいますが、ギリシャ語ではなく、アラム語なのです。律法と預言書(タナッハ=旧約聖書)の殆どはヘブライ語で書かれ、ほんの少しの例外(殆どがダニエル書)がアラム語で書かれています。「マラン」が主を、「アタ」が「来てください」を意味します。

預言書にはメシアの到来について書かれた箇所が2カ所あります。1つはゼカリヤ9:9「見よ。あなたの王があなたのところに来られる。この方は正しい方で、救いを賜わり、柔和で、ろばに乗られる」にある自らを卑しめたバージョンです。このことは福音書にある十字架刑の直前にイェシュアがエルサレムへの入城したことで成就されました (マタイ21:5)。

もう一方の箇所は、栄光を受けるメシアです。ダニエル7:13 – 「見よ、人の子のような方が天の雲に乗って来られ... この方に、主権と光栄と国が与えられ...」祭司長たちの前でのイェシュアの証言 (マタイ26:64) および終わりのときについての説教 (マタイ24:30) では、主は御自身を栄光を帯びて天の雲に乗りやって来る人の子だと言及しています。これら双方の引用は、ダニエル7章の預言からのものです.

これらダニエル書の聖句はアラム語であり、「来る」という語は「アタ」であり、新約の「マラナタ」という叫びもまたダニエル7章からの引用なのです。これはつまり実質的には、「イェシュア、あなたは主、「マラン」です。私たちは、あなたがダニエル7:13-14に記されているところの権威と栄光をもって天の雲に乗って来られる=「アタ」されることを信じます。私たちはこれらの預言が成就し、あなたが再臨されるようお招きします。」という信仰告白なのです。

マラナタ、アーメン。


エステル断食

毎年エステル断食の期間に、私たちは全日のワーシップ・断食・祈りのイベントをライブ・ストリームで行なっています。皆様、この重要な時において、イスラエル時間3月23日8時〜18時(日本時間15時~翌1時)私たちが、神の計画、そして私たちの世代の神の民に対する悪の計画を打ち負かす目的で立ち上がるための集会にご参加ください。ヘブライ語から英語への翻訳があります。紹介ビデオはこちらをクリック!


ネタネル・ハウス、ロシアツアー

ラヘル&ギラッド

先日、私はロシアへ行き、地元の大学でのシャバット(安息日)の食事会でメッセージと祝祷をする機会がありました。到着してすぐ、その都市のラビ長が、宗教大臣、牧師や大学のエリートたちと供に、その晩同席する事を聞かされました。

私はこれらのシャバットの祝福メッセージをラビ長の前ですることになるのでとても緊張していました。女性として前代未聞でしたし、大学側はイェシュアについて話しをしないよう警告していました。私が始めたとき、聖霊が心の中でこう静かに語りかけておられることを感じました。「...わたしのことばを恥じるような者なら、人の子も、父の栄光を帯びて聖なる御使いたちとともに来るときには、そのような人のことを恥じます。」 (マルコ8:38)。

そして私がメシアニックジューであり、ユダヤ教のシドゥール(祈祷書)を書いたラビ・エル・カベッツの家系の敬虔な信者家族の出身であることを説明しました。私が目を上げてラビを見ると彼は目を大きく見開いていました。私の証しをした後、シャバットのメッセージを取次ぎました。

最後にイスラエルではシャバットにダンスをして楽しむことを話しました。すると突然、急に拍手喝采となり、皆立ち上がり踊りだしました。後でラビは私に、このシャバットは彼の人生で最も楽しんだシャバットだったと教えてくれました。

宗教相は翌日電話をくれ、会いたいと言ってくれました。彼女と会って、主について語ることができました。彼女は、それについてもっと知りたい、そしてイスラエルの神こそが全ての良いものの源流であるので、全ての彼女の同僚がそのことについて学ぶべきだと言いました。主はこの他にも、ここに書けば長くなり過ぎる程の信じられないようなことをしてくださいました。


もう他人ではない — ダニエルC.ジャスター [パート3]

英語から韓国語訳付きの今週のビデオメッセージは、こちらをクリック。