日本語

logo


2015年12月4日

何の山を動かすのか
タル・ロビン、アシェル・イントレーター

信仰と祈りによって、すべての事は可能です。信仰の力と祈りについて、最も霊感を受ける箇所はこちらです。マルコ11:23-24「まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。」

この普遍的、霊的な原則は、大なり小なり、いのちのすべての側面において用いる事ができます。私たちは駐車スペースを探すのに使えます。(実際、エルサレムまたはテルアビブの路上で、それをするのは結構奇跡的な事です)。しかし、駐車スペースよりも、より重要で預言的な「山々」があります。

イエシュアは「この山」と言われた時、どういう意味でこれを言われたのでしょうか。その時、主はエルサレムの神殿の「丘」付近に立っておられました。主はまたその時、宗教指導者らから、主の霊的な権威と、主が神殿を清めると言った事についての批判に晒されていました。。

イエシュアの山々についての宣言は恐らくゼカリヤ書4:7–「大いなる山よ。おまえは何者だ。ゼルバベルの前で平地となれ。」を引用されたのでしょう。この預言は、エルサレムに神の御国を回復させる働きをするゼルバベルの前から、すべての障害を取り除く宣言です。それは、イエシュアの山を動かす信仰の祈りの、究極的な意味です。すなわち、エルサレムに神の御国を回復させるすべての障壁を取り除く事です。

イザヤ書2:2-4もまた神の御国を山とたとえています。ダニエル2:34-35、44では、反キリストの国々にある大いなる像が終わりの時に超自然的な岩によって破壊され、それが神の御国の山となると述べられています。黙示録11:15には、神のご計画の最後の奥義は、この世界の国々が私たちの主の御国となると述べられています。

私たちが信仰と祈りを    共に合わせれば、私たちはすべての反キリストの国々の力を除く事ができ、主の家の御国が私たちの世代に建ち上がるのを見るでしょう。共に「山を動かし」ましょう。


パターとパトリア
グレタ・マヴロ

ギリシャ語で「父」と家族」という言葉の間に深いつながりがあります。
エペソ3:14-15- 「こういうわけで、私はひざをかがめて、天上と地上で家族と呼ばれるすべてのものの名の元である父の前に祈ります。」

父(πατήρ/パター、またはパテル)は家族(πατριά/パトリア)という単語の「語根」です。パトリアはその語根であるパターなしに、成り立ちません。神の家族/パトリアは、父/パターを根として発生し、束ね、そして成長します。家族と父は分ける事ができません。

エペソ4:6 -「すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのもののうちにおられる、すべてのものの父なる神は一つです。」

パウロはイエシュア(イエス)の父に膝をかがめます。その父は私たちのパターであり、天と地におけるパトリア全体に名を与えました。私たちはメシアと共に、「子」である事とつながっています。我が主イエシュアの父は神であり、私たち全員の父です。全人類は一つの共通した源があります。使徒17:26に、使徒パウロは述べています。神はすべての国々の人は「一つの血」によって作られていると。


シャヒード

最近二人のイスラエル国籍のアラブ人の少女たち、ハディル(14)とヌアハン(16)・アワッドは、午後に学校を終えて、エルサレムにあるマハネイ・イェフダ市場に向かいました。そこで、彼女らは「武器」であるハサミを取り出しました。不条理な光景の中で、彼女らは無実な歩行者を刺し、振り向いて武装したイスラエル警備兵を「攻撃」しようとしました。彼女らはその場所で撃たれ、ヌアハンは重傷を負いハディルは殺されました。

訳注:この少女らが刺したのは、70歳のパレスチナ人男性(重傷)ともう一人、27歳のイスラエル兵も軽傷を負いました。

この二人の少女はイスラエル市民権、イスラエルの健康保険、裁判権、選挙、交通、社会的なサービスその他を受けられる権利を持っています。彼女らは抑圧されておいらず、特権を受けられない、という事はありません。なぜこのような事をしたのでしょうか。

古典的なパレスチナテロはPLOの政治的な政策に注意を向けさせるために1970年代に始まりました。ISISがやって来た事はテロを遙かに超えて、より適切な言葉「聖戦」、すなわち、彼らの目標は世界全体をイスラム国家にする事です。それは、政治的というよりは、終末論的です。

しかし、ハディルとヌアハンの行動はテロでもなく聖戦でもありません。彼女らには実質的な意図を推し進める事もありませんでした。彼女らにはたった一つの目標がありました。それは、「天国」に行く事です。これらの少女らはあまりにも洗脳され、イスラエル警察を殺す事ができれば、彼女らはすぐにパラダイスに入れるものと信じていたのです。

この行動は自殺的、意図的に自殺をしようとしたのです。彼女らの動機はシャヒード、殉教でした。幸いな事に、イスラエルでのアラブ人共同体での何人かの両親や親族は、このような病的な行動を起こさせる教育や友達からの圧力に反対する行動を起こし始めています。

動画をご覧になるならば、こちらをクリックして下さい!


中国とフランスからの最新情報

フランス

ユヴァルとマレクはフランスのトゥールースに一週間宣教活動のために滞在しています。ユヴァルは一日四時間50人の学生がいるセミナーでイスラエルの例祭、教会と終わりの時などの内容を教えました。

第一日目にユヴァルとマレクが参加した集会で、ユヴァルはそこで神の御国とイシュマエルとイサクの召命について教え、マレクは彼の証を伝え、それは多くの人の心に触れました。その後、彼らは神の臨在に触れられるような祈りの時に入りました。単純な事実として、ユダヤ人とアラブ人がイエシュアの愛の中へ共に来る事自体、強力な証となるのです。

アジア
アリエル、タル、エレミヤそしてコディはアジアへの旅で実を実らしています。12月8日に帰国する前に彼らは今週末香港に行きます。どうか続けて彼らと彼らの家族のためにお祈り下さい。こちらがアリエルからの、韓国での最新情報動画です。英語でご覧になるならばこちらをクリック して下さい!


パンとワイン(パート2)

このパート2の、主の晩餐でのパンとワインについての教えについて、アシェルはワインはイエシュアの血である意味を教えています。聖餐式でワインを飲む時、何を私たちは事実宣言しているのでしょうか。英語でご覧になるならばこちらをクリックして下さい!